12月14日、「パラリンピアンがやってきた!子どもたちとの交流教室」を千葉県市川市立南行徳小学校で開催しました。
今回の競技は、2020年東京パラリンピックで千葉県が会場となるゴールボール。今回は2012年ロンドンパラリンピック金メダリストの中嶋茜選手、 現日本代表の天摩由貴選手、川嶋悠太選手 また日本ゴールボール協会・副会長の西村秀樹さんと息子の大輔さん、理事の増田徹さん、事務局長の松本千恵子さんが同行しました。 (ゴールボール競技や、選手について詳しくはこちら。)

南行徳小学校は暗くなるまでグラウンドでサッカーをやっているなど、クラブ活動が盛んな学校です。
午前8時45分、体育館に4~6年生332人が集合しました。

まずは選手たちの自己紹介。 ゴールボールは目に障害がある人のための競技ですが、見え方は人により異なります。 選手たちは「前30度の範囲はぼんやり見える」「光を感じることはできる」「まったく見えない」と、三者三様の見え方を説明。競技中は平等になるようにアイシェード(目隠し)をつけます。

ルール解説の後は、本格的なプレーを実演! ゴールの後ろで見ていた子どもはボールが来るとのけぞってしまい、予想以上の迫力に驚きました。

見えているかのようにボールを止めたのは川嶋選手!

その後は6年生がクラスごとにゴールボールを体験。「めっちゃ重い!」というボールを、「回転投げ」など選手の真似をしながら投げます。

飛びつきの守備も習って、試合に挑戦。練習を活かして音のするほうへ飛びつきます(この後、惜しくも届かずゴール!) 体験が終わると質問の時間。「ボールが当たっていたくないの?」との質問に西村副会長は「アイシェードの下は泣いてても見えないでしょ?」との回答…やっぱり痛いことも多いようです。

体験後は一緒に給食をたべるため、子どもたちが選手たちを教室へ案内。「右に曲がります」「階段を下ります」と慣れないながらも、歩きやすいよう丁寧に道を伝えます。

食べ物の内容を伝えながら楽しい時間を過ごしました!

ゴールボールについて

ゴールボールは、アイシェード(目隠し)を着用した1チーム3名のプレーヤー同士が、コート内で鈴入りのボール(1.25kg)を転がすように投球し合って、味方のゴールを防御しながら相手ゴールにボールを入れることにより得点します。一定時間内の得点の多少により勝敗が決する競技です。

選手プロフィール

天摩由貴(てんま・ゆき) 選手
青森県出身
ロンドンパラリンピック 陸上100m、200m走出場
その後ゴールボールへ転向。
2014仁川アジアパラリンピック銅
2015アジアパシフィック選手権金メダル
2016リオパラリンピック5位
中嶋 茜(なかしま・あかね)選手

岐阜県出身
中等部1年の時にゴールボールを始め、翌年から日本代表合宿に参加。
2012ロンドンパラリンピック金メダル。同年中津川市民栄誉賞を受賞
川嶋悠太(かわしま・ゆうた)選手
東京都出身
4歳から野球をしていたが、視野が狭くなり高校からゴールボールを始める
2013年 ワールドユースチャンピオンシップス(アメリカ) 金メダル
2013年 アジアパシフィック選手権大会(中国) 銀メダル
2014年 仁川アジアパラ競技大会(韓国) 銅メダル
2017年 アジアパシフィック選手権大会(タイ) 銅メダル

開催リンク

  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
ページトップへ