1月27日(土曜日)、三重県立看護大学講堂で、NHKハートフォーラム「目で見てわかる認知症ケア」を開催します。

認知症は高齢になればなるほど、発症する危険は高まります。認知症は特別な人に起こる特別な出来事ではなく、歳をとれば誰にでも起こりうる身近な病気であり、日本を始めとする高齢化国を悩ませています。
そんな認知症の方を支えるノウハウについて、認知症ケアの第一人者として活躍する六角 僚子さんが、長年の現場経験と教育・研究者の視点や根拠に基づき、「劇団いくり」による寸劇を交えながら、わかりやすく解説します。

日時

平成30年1月27日(土曜日)
14時~16時(受付:13時30分~)

会場

三重県立看護大学 講堂
三重県津市夢が丘1丁目1番地1 [アクセス](このサイトを離れます)

※駐車場に限りがありますので、なるべく公共交通機関を利用ください。

内容

テーマ「目で見てわかる認知症ケア」

講師:六角 僚子(特定非営利活動法人認知症ケア研究所 代表理事・獨協医科大学看護学部在宅看護学領域 教授)

寸劇

演目:「魚がない」「デイサービスへ行かない」「病院に行ってきます」「虐待」
出演:劇団いくり

申し込み

参加無料。電話、ファックス、メールのいずれかで、お申し込みください。
お申し込みの際には、(1)お名前、(2)住所、(3)ご連絡先、(4)バス利用の有無をお知らせください。

電話:059-233-5601
FAX:059-233-5666
E-mail:kikakusomu(at)mcn.ac.jp
(「(at)」は「@」に置き換えてください)

締め切り

平成30年1月24日(水曜日)午後5時
※それ以前に、定員(400人)に達した場合も締め切ります。

開催リンク

  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
ページトップへ