2017年7月17日(月曜日・祝日)、NHKハートフォーラム「災害時における自閉症・発達障害の人たちへの支援」を和歌山県田辺市の紀南文化会館で開催します。

大規模地震などの災害時、自閉症スペクトラムや発達障害のある子どもには、心理面・身体面の両方からのより細やかな支援が必要になります。災害への日頃の備え、避難方法、避難所でのケアについて、東日本大震災や熊本地震の教訓をもとに、医師、支援者、行政、当事者家族でいっしょに考えていきます。

日時

2017年7月17日(月曜日・祝日) 受付:午前10時30分 開演:午前11時 終了予定:午後3時15分 (途中、60分の昼休憩をはさみます)

会場

紀南文化会館 小ホール
和歌山県田辺市新屋敷町1番地 [アクセス] ※NHK厚生文化事業団サイトを離れます。
電話0739-25-3033

内容

基調講演「災害時―自閉症スペクトラムの人にとって必要な支援は何か?」

講師:内山 登紀夫(大正大学心理社会学部臨床心理学科教授、よこはま発達クリニック院長)   

シンポジウム「災害時、自閉症の人たちに求められる支援とは―それぞれの立場から」

パネリスト:森下 尊広(烏山地域障害者相談支援センター 障害者相談支援専門員主任)
坂口 正浩(熊本県自閉症協会会長)
土井 邦夫(和歌山県知的障害者福祉協会会長、社会福祉法人あおい会理事長)
山田 友昭(田辺市保健福祉部やすらぎ対策課障害福祉室室長)
大久保 尚洋(和歌山県自閉症協会会長)
コーディネーター:内山 登紀夫(基調講演講師)

参加申込

Web・はがき・FAXでの受付は締め切りました。
参加を希望される方はNHK厚生文化事業団近畿支局までお電話でお問い合わせください。

  • 電話06-6232-8401(平日:午前10時~午後6時)


主催など

主催

NHK和歌山放送局、NHK厚生文化事業団近畿支局

共催

一般社団法人日本自閉症協会近畿ブロック(主管:和歌山県自閉症協会)

後援(予定)

和歌山県、田辺市、和歌山県教育委員会、田辺市教育委員会、和歌山県社会福祉協議会、田辺市社会福祉協議会、和歌山県福祉事業団、和歌山県障害者福祉協会、和歌山県障害児者父母の会、田辺市障害児者父母の会、和歌山県知的障害者施設協会、田辺市人権擁護連盟、発達障害者支援センターポラリス、紀伊民報

協力

大阪府共同募金会

問い合わせ

NHK厚生文化事業団近畿支局  電話06-6232-8401(平日:午前10時~午後6時)

開催リンク

  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
ページトップへ