9月6日(日曜日)「子どもの発達障害~コロナ禍で見えてきた‘悩み’を共有する~」と題したオンラインフォーラムを開催します。

小中学生の約15人に1人の割合でその可能性があるという「発達障害」。生まれつきの“特異な感覚”などが周囲に理解されにくく、「甘えている」「怠けている」と誤解されやすいことから、生きづらさを感じてうつや不登校、引きこもりにつながってしまう子も少なくありません。さらに、コロナ禍で不安と混乱が続く学校生活にペースがつかみきれずに1学期を過ごし、自信を失ったり、友だちから仲間外れにされたりするなどして悩みを深める事例が増え続けているとする医師の報告も届いています。では、家族や支援者は、今、どのようなことに留意しながら当事者を支えていけばいいのでしょうか。
今回のフォーラムは、専門家と支援者、当事者の生の声と、オンラインで参加いただく方々の思いをネットでつなぎながら進めていきます。「本人、家族、学校などは、それぞれどんなことができるのか。」「今、導入可能な“合理的配慮”とはどんなものか」などについて知恵を共有していきます。
インターネット環境下にあるパソコン、スマートフォンで全国各地からご参加いただくことができます。

※このフォーラムは、NHK厚生文化事業団の創立60周年事業“ウィズ コロナ”を機に考える「共生社会を手にするための知恵とは?」の一環として開催されます。

 

日時

2020年9月6日(日曜日)午後2時30分から午後6時 

 

開催形態

インターネットでのライブ配信

※インターネットに接続された環境下にあるパソコン、スマートフォンなどから視聴できます。
※参加申込された方には、視聴に関する準備について、事前にお知らせいたします。
※Wi-Fi(無線)接続の場合、状況により映像や音声が途切れる場合があります。長時間になりますので、3G/4G/LTE回線でご視聴いただくと、データ通信量が決められた上限に達してしまう場合がございますのでご注意ください。
※参加者ごとに、個別のパスワードをお送りしますので、お一人ずつ事前申込が必要となります。

出演予定

  • 本田 秀夫(信州大学医学部 子どものこころの発達医学教室 教授)
  • 近藤 幸男(横浜市立鴨志田中学校 主幹教諭 / 通級指導教室 主任)
  • 綿貫 愛子(臨床発達心理士 / 東京都立特別支援学校外部専門員、特別支援教室巡回相談心理士)
  • 菊田 史子(高校生の当事者の母 / 一般社団法人 読み書き配慮 代表理事)
  • 菊田 有祐(高校生の当事者)
  • <司会> 内藤 裕子(フリーアナウンサー) 

申込方法

参加無料(先着600人)
※インターネットデータ通信料のみご負担ください。

締め切り

2020年9月2日(水曜日)午後7時

締め切りました。

※申し込みいただいた方には「受付確認メール」を返信いたします。
※参加申込の方のみ閲覧可能なホームページのアドレスとパスワード等を9月4日までにメールでご連絡します。
※受信拒否設定等をされている方は、あらかじめnpwo.or.jpからのメールを受信できるよう、設定の変更をお願いします。また、フリーメールアドレスで申し込まれた場合は、こちらからお送りするメールを受信できないことがあります。9月4日を過ぎてもメールが届かない場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

問い合わせ

NHK厚生文化事業団 事業部
メール event4@npwo.or.jp
電話 03-3476-5955 (平日10時~17時)
※新型コロナウイルス感染症の影響等により変更が生じた場合は、ホームページにてお知らせします。

その他

このセミナーの放送及び再配信の予定はありません。


主催

NHK厚生文化事業団、NHK

開催リンク

  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
ページトップへ