社会福祉法人 NHK厚生文化事業団 ハーツ・レター 2021.12.09号 維持会員のみなさまへ
         みなさまとの「共感」を大切に、そのタネとなる福祉情報をお届けします。
維持会員のみなさま!メルマガ「ハーツ・レター」編集部です。NHKとNHK HEARTSが主催する「NHK障害福祉賞」。障害のある人やともに歩む人の体験作文を募集するこの賞は今年で56回を数え、昨日、その贈呈式がNHK放送センターで行われました。受賞者の一人、戸谷百花さんは両親の介助を受けながら車いすで列席されました。4歳の時、病気で寝たきりに。そして5年前の18歳の時に、字が書けるようになりました。受賞のあいさつで戸谷さんは「今までは、寝ているだけで何もできないと思われてきましたが、字が書けるようになり、人生が変わりました。これからは、わたしのような寝たきりの人たちが言葉を自由に話しても悪く言われない社会になってもらいたいと思います」と、伝えてくれました。戸谷さんのこれまでの壮絶な人生も、支えてきたご両親の心情も、私たちに突きつけられている重い課題も、短い言葉の中に詰まっているあいさつでした。
「NHK障害福祉賞」贈呈式。最優秀「保育士の卵、ワケありにつき」の竹内智香さんに松崎和義理事より賞状と賞金50万円が贈呈されました。
受賞者をお招きしての表彰式は2年ぶり。表彰や受賞者の感想、審査委員による講評が交わされました。入選作品はNHK HEARTSのホームページで公開しています。
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
 border=0
2008年の「NHK障害福祉賞 優秀」受賞者の天畠大輔さん(39歳)が歩んできた研究者への道について紹介した動画が注目を集めています。YouTubeでは20万回再生を突破!
14歳の時、医療事故で脳が傷つき、頭で考えていることを外に伝える方法がない「ロックトインシンドローム」に陥った天畠さん。本人・家族・介助者の苦闘の末に、ある話法を見いだし、周囲とのコミュニケーションを回復して大学へ、研究者へと生きる道を見つけていきます。NHK「どーがレージ」でもどうぞ!。
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
12月19日「ウィズ・コロナの時代に考える“認知症とともに生きるまち”」ライブ配信フォーラム、締め切り間近です!
今年度、「認知症とともに生きるまち大賞」を受賞した団体の中から、ある一人の認知症当事者の思いから自宅ガレージを開放し、地域活動の拠点とした「チーム上京!」など4団体の活動を紹介します。
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
「あがるアートの会議2021」の模様が、14日(火曜日)・15日(水曜日)に再放送されます!
「アートの力で世の中をいい方向に上げていこう!」と真剣に願って語り合うフォーラムを先月に開催しました。スタジオに集結した各界で活躍する論客が、リモートでつないだ全国の視聴者と共に、アートの“可能性”を徹底討論! その模様を、「ハートネットTV」で2回に分けて放送します。
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
「おかあさんといっしょファミリーコンサート」(松山公演)12月14日(火曜日)に受付開始!
1月29日(土曜日)に愛媛県県民文化会館で開催するチャリティーコンサート。毎回、多くの家族連れで賑わう人気のステージショーをお楽しみいただけます。チケット購入申し込みの締め切りは12月20日(月曜日)です。
詳細はこちら
トピックス
ドキュメンタリードラマ「命のバトン~赤ちゃん縁組がつなぐ絆~」が11日(土曜日)に再放送されます! >>
福祉ビデオシリーズ「新しい絆の作り方 特別養子縁組・里親入門」の一部を使った番組で、好評により11日(土曜日)に中部7県で再放送。NHKプラスでの見逃し配信は全国で見ることができます。
「がんと生きる ~こころとからだ 私らしく~」京都発オンラインフォーラム、申し込み受付開始! >>
がん治療の最前線から暮らしまでを見つめ、考えるフォーラムを1月30日(日曜日)に開催します。女優の生稲晃子さんも出演し、自らの経験を交えてお話しします。
HEARTS & ARTS
毎号、「福祉 × アート」の作品や情報をご紹介。 今回は・・・
「宇宙」
Fumie Shimaoka(しまおか・ふみえ)さん(大阪市)
Facebookでも、みなさまに情報をお届けしています。<共感>する情報が見つかったら「いいね!」お待ちしています。
事業団について NHK厚生文化事業団の概要、活動については、こちらをご覧ください。
みなさまからお預かりしている維持会員費によって、視聴者のみなさまへの福祉情報の提供、福祉団体への支援などの活動が支えられています。
NHKハートネット 福祉情報総合サイト
※このお知らせは、一般の方へお送りしている「ハーツ・レター」をもとに制作しています。
※編集部では皆さんからの感想、福祉に関するお悩みなどメッセージをお待ちしております。
メッセージ、お問い合わせはkaiin@npwo.or.jpまで。

【発行元】NHK厚生文化事業団 ハーツ・レター編集部
個人情報について >

Copyright NHK Public Welfare Organization. All rights reserved.