社会福祉法人 NHK厚生文化事業団 ハーツ・レター 2022.02.10号 みなさまとの「共感」を大切に、そのタネとなる福祉情報をお届けします。
本当に残念ながら、11日に東京・両国の国技館で開催予定だった「第54回 NHK福祉大相撲」を中止することになりました。2年連続の見送りとなりましたが、幕内取組はもちろん、力士と歌手との「お楽しみ歌くらべ」や、相撲の禁じ手などを面白おかしく実演する「初っ切り」など、本場所では見られないプログラムを楽しみにしていただいていたみなさま、来年こそ!国技館でお目にかかりましょう。
第54回「NHK福祉大相撲」中止のお知らせ
2月11日(金曜日・祝日)に国技館で予定していた第54回「NHK福祉大相撲」は、新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受けて、中止することといたしました。入場券は2月末まで払い戻しを行っています。
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
「トンガ大洋州噴火津波救援金」を募集しています
日本赤十字社、NHK、NHK厚生文化事業団は1月15日にトンガの海底火山噴火で発生した災害の救援金を、3月31日(木曜日)まで募集しています。みなさまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
 border=0
長寿の未来フォーラム「家族と暮らす 〜認知症を “ともに” 生きる社会へ〜」を3月6日(日曜日)にライブ配信します。視聴受け付け開始!
「本人と家族、そして地域が “ともに認知症を生きられる社会” 」をテーマに、医療従事者・支援者・当事者とその家族が語り合います。全国どこからでも、PCやスマホで視聴・参加可能です。
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
第34回「わかば基金」への申請を3月30日(水曜日)まで受け付け中です!
地域に根ざした福祉活動を展開しているグループに、活動の幅を広げるための支援をします。審査の上、支援金部門では最高100万円を支援します。災害復興支援部門、リサイクルパソコン部門もあります。
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
フォーラム「認知症新時代 いきいきと暮らすために」の模様がEテレで放送されます。2月12日(土曜日)午後2時~2時59分 です。
誰もが認知症と無縁ではいられない時代、認知症当事者が「折り合い」をつけながら暮らす姿を通じて、共生社会を考えていきます。認知症を自分らしく生きていける社会とは…。ぜひご覧ください!
詳細はこちら
トピックス
「NHK障害福祉賞」今年度の受賞作品を「ハートネットTV」で紹介します(2月14日、15日) >>
14日は「前を向いて歩く」と題して、15日は「自分らしく生きる」として、それぞれ受賞者とその作品を紹介します。
ラジオ深夜便「明日へのことば」に「NHK障害福祉賞」の受賞者、津田 由美さんが出演します。2月13日(日曜日)午前4時5分の予定です。 >>
手足に障害がある由美さんは、高次脳機能障害という、外見から分かりづらい障害をおった夫をサポートする側になりました。そこで感じたこととは?
あがるアートの会議2021 「今こそアートの可能性を考えよう」「アートの力で街づくり!」が記事になりました。 >>
アートの力で世の中をいい方向に上げていく「あがるアートの会議」。実業家や映画監督など、各界で活躍する論客に新たなメンバーも加わり徹底討論となったフォーラムのWEBリポートです。NHK福祉情報サイトで公開中です。
HEARTS & ARTS
毎号、「福祉 × アート」の作品や情報をご紹介。 今回は・・・
伊藤大貴さん「月光」・青木正臣「海の中」さん
Facebookでも、みなさまに情報をお届けしています。<共感>する情報が見つかったら「いいね!」お待ちしています。
事業団について NHK厚生文化事業団の概要、活動については、こちらをご覧ください。
わたしたちの活動は、共感していただいた方々からのご寄付で支えられて成り立っています。
NHKハートネット 福祉情報総合サイト
※編集部ではみなさまからの感想、福祉に関するお悩みなどメッセージをお待ちしています。
※メッセージ、お問い合わせはnews@npwo.or.jpまで。
※配信停止をご希望の方はこちらの登録解除フォームからお願いします。

【発行元】NHK厚生文化事業団 ハーツ・レター編集部
個人情報について >

Copyright NHK Public Welfare Organization. All rights reserved.