社会福祉法人 NHK厚生文化事業団 ハーツ・レター 2020.10.08号 維持会員のみなさまへ
         みなさまとの「共感」を大切に、そのタネとなる福祉情報をお届けします。
維持会員のみなさま!NHK厚生文化事業団<NHKハーツ>メルマガ編集部です。この前の日曜日、「NHKのど自慢」が、長野県須坂市で7か月ぶりに再開しましたね!小田切アナの嬉しそうな顔が印象的でした。NHKグループの主催する福祉イベントも、なんとか早期に再開したり、計画通りに実施したりできないか、スタッフが日々コロナ対策に知恵を絞って準備を進めているところです。さて、渋谷勤務の方だけへの告知となりますが、9日(金)11:30~14:00に、5食脇に福祉施設「ホープ就労支援センター渋谷」さんをお招きし、素材選びから吟味を重ねたという焼き菓子の販売会を実施します。お昼ついでに!お昼の代わりに!是非お立ち寄りください。このイベント、小さな販売会ではありますが、障害のある人たちの働く意欲を支える取り組みでもあり、「公共メディアNHK」のCSRの一つでもあるのです。
ライブ配信迫る!今週土曜、司会にブルさんを迎えての‘ぶっちゃけトークショー’。テーマは「生キヅラサ」。誰もが安心して暮らせる「共生社会創造」のヒントを探る実験的フォーラム。
東ちづるさん、ブルボンヌさん、東大先端研熊谷晋一郎さん、福祉ジャーナリストの町永俊雄さんをお迎えして、参加するみなさんからのメッセージを交えて進める2時間です。スマホやPCで全国どこからでも視聴可能。ただし!参加申し込み締め切りは明日(9日)午後6時まで!
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
‘ぶっちゃけトーク’出演の熊谷晋一郎さんがとらえる「コロナの影響で大きく変わってしまった社会」 キーワードは“総障害者化” “格差” “アジャイルな社会”
脳性まひの当事者でもある小児科医の熊谷晋一郎さんは、障害がある人と社会のあり方について幅広く情報発信してきました。ハートネットTV「インタビューシリーズ『コロナの向こう側で~熊谷晋一郎さん~』をもとに、番組が特集記事にまとめました。
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
11月7日(土)、石川県発オンラインフォーラム 「超高齢社会を生きる コロナ禍で考える 認知症とともにあるまち」 開催。申し込み開始!
誰もが歳を重ね、老いという人生の最終章を迎えます。そうした現実の中で自分らしい人生をどう全うするのかを考えていきます。認知症があっても住み慣れた地域で暮らし続けるにはどうすればいいか、石川県内の取り組みを紹介しながら語り合います。
詳細はこちら
トピックス
第55回「NHK障害福祉賞」ただいま選考中!応募は小学1年生から104歳まで、過去最多の484作品。入選発表は11月中旬!
障害のある人自身の貴重な体験記録や、障害児・者の教育や福祉の分野でのすぐれた実践記録などに対して贈る「NHK障害福祉賞」。たくさんのご応募ありがとうございました。最優秀賞には賞金50万円が贈られます。
台風14号接近中!Eテレ「学ぼうBOSAI」で台風を知って→備えよう! >>
誰も取り残さずに逃げ切り、命を守るために、備えあれば憂いなし!台風シーズンはまだ続きます。その性質を10分で学習して「インクルーシブ防災」に役立てましょう。
HEARTS & ARTS
毎号、「福祉 × アート」の作品や情報をご紹介 >>
今回は・・・
草間彌生さんの作品を展示中の展覧会「STARS」(東京 森美術館)
Facebookでも、みなさまに情報をお届けしています。<共感>する情報が見つかったら「いいね!」お待ちしています。
事業団について NHK厚生文化事業団の概要、活動については、こちらをご覧ください。
みなさまからお預かりしている維持会員費によって、視聴者のみなさまへの福祉情報の提供、福祉団体への支援などの活動が支えられています。
NHKハートネット 福祉情報総合サイト
※このお知らせは、一般の方へお送りしている「ハーツ・レター」をもとに制作しています。
※編集部では皆さんからの感想、福祉に関するお悩みなどメッセージをお待ちしております。
メッセージ、お問い合わせはkaiin@npwo.or.jpまで。

【発行元】NHK厚生文化事業団 ハーツ・レター編集部
個人情報について >

Copyright 2020 NHK Public Welfare Organization. All rights reserved.