認知症とともに生きるまち大賞

第5回 特別賞(オレンジハート賞)受賞 ( 2 0 21 年度)

やりたいことを自由にできる場所

石蔵オレンジ文庫 はっちゃけ道場宿

栃木・宇都宮市

https://www.alzheimer.or.jp/?page_id=366

 

活動内容と受賞のポイント

活動内容

月2回の認知症カフェで、スタッフとして活動している若年性認知症当事者の「自分たちのやりたいことを自由にできたらいいな」という思いに応えて石蔵オレンジ文庫を開設。「はっちゃけ道場宿」という活動の名称も当事者が考え、認知症の人だけでなく誰もが集える居場所として毎週土曜日に活動している。
活動内容はその日に参加者が話し合って決め、「認知症カフェの庭の整備」や「近くの史跡への散策・外食ツアー」など実施。また、参加対象を限定しないことから小学生が参加することもあり、多世代交流の場にもなっている。

事務局| 認知症と家族の会栃木県支部
活動開始年度|2019年度
主な活動地域|栃木・宇都宮市

受賞のポイント

この活動は、栃木の家族の会の存在が大きい。
これまでともすれば認知症の人の家族は、本人と介護家族としての互いの思いやりがずれ、双方の自己実現を阻害してきたとも言われてきた。
この取り組みは、家族の会という組織体が地域全体に目を向け、そこから当事者への新たな距離感と協働の形を作り上げることで、大きな地域変革の力となり得ることを示している。

ご質問・メッセージ

団体へのご質問があれば、メッセージをお寄せください! 仲間どうしを結び付けたり、お悩みのヒントが見つかるに手助けしたり、日本中が「認知症バリアフリーなまち」になるよう、お手伝いします!

ページトップへ