認知症とともに生きるまち大賞

第5回 本賞受賞 ( 2 0 21 年度)

自宅ガレージを開放し、地域活動の新たな拠点に

チーム上京!

京都市上京区

https://www.facebook.com/groups/teamkamigyo/

 

活動内容と受賞のポイント

活動内容

コロナ禍の中、「今までより、もっと身近な地域の中で人とつながり、安心してでかけられる場所がほしい」という一人の認知症当事者・安達さんの思いを実現するため、地域住民有志と福祉専門職9人が話し合った結果、安達さんの自宅ガレージを地域に開放することにした。こだわりコーヒーを提供するシニア男性の会や、地域の子どもたちの自主的な学び・遊びを支援する団体などがここを拠点に活動を始め、地域の新たな拠点として、新たなつながりが生まれている。

事務局| NPO法人エクスクラメーション・スタイル
活動開始年度|2021年度
主な活動地域|京都市上京区

受賞のポイント

コロナ禍で孤立する当事者自らが動いた確かな地域活動といえる。
ひとりの当事者の思いを中心にして語り合うことから始まったまちづくりだが、どこでも誰もが取り組めることから、「うちでもできないか」と各地から関心を寄せられている。
ちなみにこの活動の代表は、認知症当事者の、その安達さんである。

ご質問・メッセージ

団体へのご質問があれば、メッセージをお寄せください! 仲間どうしを結び付けたり、お悩みのヒントが見つかるに手助けしたり、日本中が「認知症バリアフリーなまち」になるよう、お手伝いします!

ページトップへ