社会福祉法人 NHK厚生文化事業団 ハーツ・レター 2021.02.25号 みなさまとの「共感」を大切に、そのタネとなる福祉情報をお届けします。
みなさま!メルマガ「ハーツ・レター」編集部です。2月11日に発行した前号のハーツ・レターでは、「東日本大震災から来月で10年となる中、『自分のまわりに限っては地震は起きないのでは』と思いがち。それではだめだから、自分事スイッチを入れましょう。」ということをお伝えしました。そうしたら、2日後の13日には、2011年の余震と考えられる最大震度6強の地震が福島県沖を震源に起きました。やはり、常日頃から、家具が転倒しないようにしたり、懐中電灯や水、トイレなどの用意をしたりといった「自分や家族を守る基本的な備え」は欠かせないなぁ、と実感。さらに、障害者や高齢者、病気をしている人など、支援が必要な人を誰ひとり取り残さずに守る「地域の仕組みづくり」も待ったなしだなぁ、ということも痛感。今年の、特別な3.11を迎えるにあたり、より一層、個人の防災と地域の防災の両方の大切さを伝えていかねば、と心あらたにしました。その特別な3.11まであと2週間です。NHKでは、多くの特集を放送していきます。新たなバージョン「花は咲く2021」もお届けしていきます。
NHKハートフォーラム「私たちは2030年にSDGsを達成できるのか!?」3月28日(日)にライブ配信。’誰ひとり取り残さない社会の実現’を発達障害と認知症を例に考えます。視聴参加者募集開始!
今年度最後のフォーラムのテーマはSDGs。現場の声から課題を探します。SDGs3の「すべての人に健康と福祉を」については「認知症」を事例に、SDGs4「質の高い教育をみんなに」は「発達障害」を事例に、本田秀夫さん、永田久美子さん、柳田邦男さん、当事者の方々をお招きして考えます。
詳細はこちら
● ● ● ● ● ● ●
「ひとりも取り残さないために~みんなで助かるインクルーシブ防災~」を3月6日(土)にライブ配信。視聴参加者募集開始!
東日本大震災から10年。あの日、多くの高齢者や障害者の命が失われ、障害者の死亡率は住民全体の2倍にのぼりました。「ひとりも取り残さない防災」を実現するためにはどうすればよいか、3.11を前にぜひ知恵を共有しましょう。
詳細はこちら
トピックス
「わかば基金」へのご応募をお待ちしています!地域に根ざした福祉活動を展開しているグループを支援します >>
福祉にとって厳しい時代だからこそ、NHK HEARTSはボランティアグループやNPOの活動を応援します!支援金部門では、要件を満たしているグループを対象に審査し、最高100万円の支援金を贈る15グループほどの贈呈先が決められます。
「超高齢社会を生きる ~コロナ禍に考えるフレイルと長寿の生き方・備え方~」フォーラムを3月14日(日)にライブ配信 >>
超高齢社会に生きるわたしたちに必須の知識「フレイル」について、家庭にいながらにして学べます!老年医学と社会学の知見から生き方・備え方を考えていきます。
I.C.S.輸入カメラ協会主催の「世界中古カメラ市」の売上から、「共感寄付」をいただきました。 >>
I.C.S.輸入カメラ協会 様より、今月、東京・銀座で開催された「世界中古カメラ市」での売り上げの一部をご寄付いただきました。ありがとうございました。NHKの放送と連動した福祉活動を中心に、大切に使わせていただきます。
HEARTS & ARTS
毎号、「福祉 × アート」の作品や情報をご紹介。 今回は・・・
 
「はるくまくん、これでOK!!」
おがたりこさん(東京都)
Facebookでも、みなさまに情報をお届けしています。<共感>する情報が見つかったら「いいね!」お待ちしています。
事業団について NHK厚生文化事業団の概要、活動については、こちらをご覧ください。
わたしたちの活動は、共感していただいた方々からのご寄付で支えられて成り立っています。
NHKハートネット 福祉情報総合サイト
※編集部ではみなさまからの感想、福祉に関するお悩みなどメッセージをお待ちしています。
※メッセージ、お問い合わせはnews@npwo.or.jpまで。
※配信停止をご希望の方はこちらの登録解除フォームからお願いします。

【発行元】NHK厚生文化事業団 ハーツ・レター編集部
個人情報について >

Copyright NHK Public Welfare Organization. All rights reserved.