障害のある人自身の貴重な体験記録や、障害児・者の教育や福祉の分野でのすぐれた実践記録などに対して贈る「NHK障害福祉賞」。
2021年1月24日に放送された「言葉の獲得は光の獲得でした 作家 柳田邦男が読む いのちの手記」は、この賞の選考委員を長年つとめてきた柳田 邦男さんが、過去の受賞者を訪ねて語り合うもので、大きな反響がありました。
この番組のなかで柳田さんが訪ねた受賞者のひとり、藤野 高明さんの歩みが「ハートネットTV」で紹介されます。
両手と両目の視力を失った藤野さんが、その後の人生で得たものとは? ぜひ番組をご覧ください。

放送予定

日時

2021年5月5日(水曜日・祝日)午後8時~8時30分
2021年5月12日(水曜日)午後1時05分~午後1時35分(再放送)

番組名

ハートネットTV(NHK Eテレ)
番組の詳細はNHK福祉総合情報サイト ハートネットでご確認ください(外部サイトへ移ります)。


関連動画など

動画

動画はこちら(外部サイトへ移ります)

インタビュー記事

インタビュー記事はこちら(外部サイトへ移ります)。

入選作品

最優秀を受賞した当時(2002年、第37回)の入選作品を読むことができます。
『人と時代に恵まれて』 PDF版HTML版
※藤野作品を掲載した入選作品集は在庫切れのため、お分けできません。ご了承ください。
※2015年にご寄稿いただいた手記「受賞から12年」もこちらのページに掲載しています。

開催リンク

  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
ページトップへ